フランスのオンライン旅行でおすすめの観光地!

モンサンミッシェルや凱旋門、エッフェル塔にヴェルサイユ宮殿など世界に誇る観光地国として有名なフランス。世界三大料理に数えられるフランス料理やボジョレー・ヌーヴォが代表的なワインなど有数の美食の国としても有名なのは皆さんもご存知の通りですよね。

しかし、ひとたび郊外へ出れば世界遺産に指定されてある古城や庭園など、地元民に古くから愛されているおすすめスポットが数多くあるのも魅力の1つです。

ということで、今回はフランス国内の中でも特に古くから地元民に愛されているおすすめ観光地を2つ紹介します。
華やかなフランスの街とはひとあじ違った一面を現地ガイドと一緒にオンライン旅行をしながら楽しみませんか?

是非一度チェックしてみてください!

1. クロード・モネの庭園

ジヴェルニーという小高い丘に沿ってある小さな古い村にて、クロード・モネは晩年この街で1883年から1926年までの時を過ごしました。セーヌ川流域に位置するこの庭園は印象派の画家たちにとって大切な場所。モネにあこがれた20世紀の画家たちが描いた作品が今もたくさんギャラリーに飾ってあります。まさに絵画の世界をそのまま味わえるおとぎの世界を覗いてみませんか?

ジヴェルニーを歩きましょう!

このツアーではジヴェルニーの街を歩きながらモネが晩年過ごしたといわれる場所に思いを馳せる時間を過ごしていただきます。毎年沢山の観光客が世界中から訪れるジヴェルニーを日本語堪能なフランス人・メリサさんの案内のもと散策することができるプランです。

※モネの庭と家は毎年11月から4月までは閉館しています。旅行の際は予めご確認ください。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

モネの庭園を案内してくれるのはフランスの大学で5年間日本語を勉強したという女子学生のメリサさん。とても日本語が上手でモネの歴史にも詳しく、あっという間に時間が過ぎ去ってしまうくらいに充実した内容でトラベラーから高い評価を受けています。現地フランスで日本語ガイドを付けることはなかなか難しいので、日本語でのガイドはとても貴重ですよ!ぜひお試しください。

金額
1,300円
時間
30分
参加可能時間
17:00~24:30

2. ランブイエ城

パリ市内から約50km離れたイヴリーヌ県にあるランブイエ城。1375年に建てられ、かつてはフランスの王様によって狩猟用の建物として長らく使用され、その後にはルイ16世や皇帝ナポレオンが使用していたといわれる館です。現在はフランス大統領が夏場の避暑地として使用しているという話も聞くランブイエ城。場内は一般公開されていますが撮影は禁止となっています。

ランブイエ城とランブイエの街並みをお散歩!

ランブイエの町の中心にあるネオ・ゴシック教会の見学からスタートするこちらのプラン。周辺にはフレンチレストランをはじめ、ワインやチーズなどを販売するショップがたくさん並んでいます。市役所を通り過ぎたら、いよいよランブイエ城に到着。
撮影をしながら中に入ることは禁止されている為、周囲の広い庭園からその美しい外観を見て楽しんでいただきます。
最後にレトロなメリーゴーランドが廻る広場をご案内。フランスの田舎町ですが可愛いい小さな町の雰囲気とランブイエの歴史をぜひ味わってください。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

ランブイエ城を案内してくれるのはフランス在住のアナエルさん。日本が大大大好きだという彼女は特に抹茶が大好物とのことで以前来日した際には抹茶の味わうだけの旅をしていたとか。現在フランスの大学にて日本語と英語を日々勉強しており、日本語のコミュニケーションもお手のもの。ぜひアナエルさんにガイドしていただきながらフランスの文化や街並みに触れてみてはいかがでしょうか?ここでしか味わえない旅がきっとあなたを待っています!

金額
2,000円
時間
60分
参加可能時間
17:00~02:00

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。華やかな街並みから一歩外へ出ると別世界が広がっている点がフランスの奥深い魅力となっています。華やかさと奥深さの両端を味わうことで真のフランスの魅力を感じてもらえればうれしいです。

まだまだコロナ禍の世の中が続く時代ですが、いつかまた自由に国を行きかうことが出来たなら、ぜひフランスにも一度足を運んでみてください。

Translate »

今すぐ登録!

すでに登録済みの方はこちら