インドのデリー周辺で、オンライン旅行でおすすめの観光地3選!

インドといえば何を思い浮かべますか? やっぱりカレーですよね。でもインドにはカレー以外にもたくさんの有名な場所、魅力があります。いろんなインドの良さをこれから少しずつ紹介したいと思います。

そんなインドはとても広く、チェンナイ、ムンバイ、バンガロール、コルカタ、ジャイプール、バラナシなど観光としても馴染みのある都市がたくさんあります。その中でも今回は、名所が多いデリー(ニューデリー)にスポットを当ててみました。

まず、デリーとニューデリーは同じ街? 違う街? 違いは? という人のために調べてみました。デリーはインドの首都で、そのデリーの中にある一つのエリアがニューデリーと呼ばれているそうです。

日本とインドとの時差は3時間30分で、成田、羽田、関西などから直行便があり、約10時間で着くことができます。

インドを旅行する際に、最も気になるのは治安面の不安でしょう。空港から出ると、怪しいインド人がたくさん集まってきて、タクシーやツアーを勧めてきます。長時間のフライトで疲れて、物価や相場もわからない中、いろいろ言われても面倒なだけですよね(笑)

そんな人におすすめなのが、オンラインでのインド旅行です。バーチャルツアーであれば、おうちで旅行できるので、危険な場面には出会いませんし、治安の心配は一切いりません。

そこで、今回はインドのデリーでオンライン旅行するならおすすめの有名な観光地、トップ3を紹介します!

1. オールドデリーの町並み

インドの首都デリーは、ムガール帝国をはじめインドの様々な王朝の首都とされてきました。そのため、デリーやその周辺には今でも深い歴史を持つ建造物が数多く残され、観光スポットとなっています。世界遺産のレッドフォート、ジャマー・マスジッド、インド門、アクシャルダム寺院、グラッドワーラ バングラ サヒブ、ロータステンプル・・・とても一日では回り切れないほど、様々な歴史的建造物があります。

そんなオールド・デリーの中で、オンライン旅行でのおすすめは、レッドフォートからジャマー・マスジッドを経由して、チャンドニーチョーク市場に至る、オールドデリーの街並みです。

チャンドニーチョーク市場は、道路を歩くたくさんの人、リクシャ、バイク、車、ときには牛車、手押し車、象、ラクダまで行き交うなど、ごちゃごちゃしていて、まさにカオスです。インドの騒々しさが最も味わえる場所と言えます。

オールドデリー観光

オールドデリーの街並みをあちこち散策できるプランです。レッドフォート、ジャマー・マスジッド、チャンドニーチョーク市場、インド門など、行ってみたい市場、観光名所を事前にガイドと相談して、オールドデリーを巡るプランを自由に作って、観光することができます。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

インドに旅行した人に聞くと、もう一度行きたい!という人と二度と行きたくない!という人に分かれると聞きます。そう聞くとどんな国なんだろう?と興味を持ちますよね。でもやっぱりインドはお腹を壊したりと不安が多い。。。

そんな人におススメなのが、オンラインでのインド旅行です。騙されたり、ぼられたりすることもありません。

まずはディープでカオスな世界のインドをバーチャルツアーで味わってみてください!

金額
3,500円~
時間
60分
参加可能時間
12:00~22:00

2. クトゥブ・ミナール

クトゥブ・ミナールは、デリー・スルターン朝最初のスルタンである、クトゥブッディーン・アイバクによって、建てられました。1993年に世界遺産にも登録されています。

ミナールとはモスクの尖塔(ミナレット)のことで、高さは72.5mもあります。5層の建物で、下の3層は赤砂岩、上の2層は大理石と砂岩で造られています。

他にも周囲には、マドラサ(神学校)やお墓など、たくさんの建築物があり、古代インド遺跡を見ることができます。

世界遺産クトゥブミナールと遺跡群観光プラン

世界遺産「クトゥブミナールと遺跡群」を主な歴史と共にご案内します。ここはインド初イスラム王朝の歴史がスタートした重要な場所で、多くの歴史と逸話が残っています。

クトゥブミナールやモスクの美しい彫刻や、廃墟化した墓地部分などを見ていると、なんとも言えない不思議な空間に感じられます。それは、ヒンドゥー教とイスラム教の融合された建築物や深い歴史の物語の影響でしょう!

現在では、その魅力を一度は見たいとインド人や世界各国からの訪問者が後を立ちません。あなたもきっと、美しい建築と広大な歴史に出会えます。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

クトゥブ・ミナールは、とにかく高くて圧倒されます! オンラインでもその高さは十分に感じることができます。

また、ガイドさんが一緒なので、彫刻や建築物などをじっくりと解説してくれるのも魅力です。インドの歴史や文化について知ることもできます。

ぜひオンラインツアーを楽しんでみてください!

金額
3,000円〜
時間
60分
参加可能時間
12:00~22:00

3. フマユーン廟

フマユーン廟は、ムガル帝国の第2代皇帝フマユーンの墓廟です。突然の事故死で亡くなったフマユーンのために、その妻によって1565年に建築されました。1993年には世界遺産にも登録されています。

インドで有名なタージ・マハルにも影響を与えたと言われる建物であり、インド・イスラーム建築の最高傑作とも言われています。

入口のアーチを通して見ると、中央にあるドームを中心とした左右対称の建築物は非常に美しく見えます。建物内の中央に置かれた白大理石は仮の棺で、フマユーンの遺体はこの下に安置されています。

世界遺産フマユーン廟観光 タージマハルのモデルとなった美しい墓

フマユーン廟は、タージマハルのモデルになったと言われる[ムガル帝国2代目皇帝フマユーンの墓]は、デリームガル帝国時代の最高傑作の遺跡です。

フマユーンとはどのような皇帝だったのか?主なムガル帝国の歴史と共に、見所を効率よくご案内します。美しい建築物と庭園はまるで天国にいるような体験です!

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

タージ・マハルは聞いたことや行ったことがあるけど、そのモデルとなったフマユーンは聞いたこともない人が多いと思います。

でも写真を見たらわかるようにとても美しい建築物です。ぜひガイドさんの詳しい説明を聞きながら、オンライン旅行を楽しんでください!

金額
3,000円〜
時間
60分
参加可能時間
12:00~21:00
Translate »

今すぐ登録!

すでに登録済みの方はこちら