【スリランカ】オンライン旅行でおすすめの観光地5選!

スリランカといえば首都コロンボや紅茶やスパイス、アーユルヴェーダなどのアジアを代表する貿易国として有名ですよね。
また、「聖地キャンディ」や「古都ポロンナルワ」「黄金寺院ダンブッラ」などの世界遺産が多いことから旅行者にも大人気の国です!

スリランカへは成田空港から直行便が出ており所要時間は約13時間、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、タイ国際航空、大韓航空、マレーシア航空など多くの航空会社から便が出ていてとてもアクセスがいいです。

今回は、スリランカ旅行に行きたい、予定はないけどスリランカが気になる方にとっておきのオンライン旅行で味わえるスリランカ人気スポットを5つ紹介します。体験型のものから、ショッピングまで様々です!

1. シーギリヤ・ロック

スリランカの中央にあるシギリヤ。シギリヤの樹海の中にそびえ立つ200mの巨大な岩山が天空の王宮と呼ばれるシーギリヤロックです。

大昔に溶岩が固まってできた一枚岩のシーギリヤロックですが、5世紀にカッサパ1世がふもとに都を作り、岩山の上には宮殿を築き王都シーギリヤとなりました。

シーギリヤロックの頂上までは1200段ある石段を登ります、山頂までにはシーギリヤ時代に使われていた噴水や貯水池なども残っており、昔のシーギリヤの人々の生活を感じることができます。

【ライブ中継】現地ガイドと行く!世界遺産「天空の宮殿シーギリヤ」ツアー!

シーギリヤで唯一の日本人経営のホテル「岩見荘」の共同経営者であるニッサンカさんと、スリランカで唯一の日本語情報誌「スパイス・アップ」を発刊しているスパイスアップ・ランカとの共同企画・運営で、世界遺産「シーギリヤロック」を現場から生中継でお届けするオンライン旅行を開催いたします。

スリランカ在住の日本人が、スリランカやシーギリヤロックについての情報、見所ポイントを分かりやすくお伝えしますので、事前に知識がなくても楽しめます!
シーギリヤはジャングル内にあるため、オンラインツアー中に猿やワニに出会うこともあります。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

初めてシーギリヤロックを見たときの素直な感想は「自然ってトンデモナイな!!」でした。200mの一枚岩は圧巻です。

ニッサンカさんとファシリテーターをしてくださる神谷さんの知識量も驚くべきでこのツアーでしか聞けない情報もたくさんです!

金額
1800円
時間
120分
参加可能時間
お問い合わせください

2. 世界遺産の町「聖地キャンディ」

スリランカの中心部に位置する「キャンディ」。シンハラ王朝の最後の都として栄え、歴史ある建物が立ち並び、ブッダの犬歯が収めらているスリランカ仏教の聖地「仏歯寺」があるこの町は町全体が世界遺産に登録されています。

毎年7月~8月に行われるブッタの犬歯を収めた舎利容器を乗せた像を先頭に、音楽やダンスをする人々がパレードを行うスリランカ最大のお祭り、エサラ・ペラペラ祭は世界中から観光客が訪れます。

【オンライン中継】世界遺産「聖地キャンディ」で幻のセイロンコーヒー復活に挑む!コーヒー農園・世界遺産の町散策ツアー!

世界遺産の町キャンディで、153年前に世界3位の生産量を誇った幻のセイロンコーヒー復活を掲げ、スリランカ産コーヒーの販売・輸出・農業組合管理・カフェ「Natural Coffee」の運営を行う吉盛真一郎さんと、スリランカ唯一の日本語情報誌を発行するスパイスアップの共催で、コーヒー農園、世界遺産「聖地キャンディ」、カフェ「ナチュラルコーヒー」からのライブ中継を行います。

吉盛さんは、コーヒー豆の収穫は10〜12月頃と3ヶ月間に限られるため、コーヒー農家の収入の安定化のため、紅茶がチャノキの葉から作られるように、コーヒーノキの葉から抽出する「テ・カフェ」を開発しています。

「テ」とはシンハラ語で、「茶」の意味です。
「カフェ」はイタリア語・フランス語で、「コーヒー」を意味します。

つまり、コーヒー茶、コーヒー葉茶とも言えるオリジナル商品で、コーヒーのようで紅茶のような他にはない新鮮な味・香りがします。

本イベント参加者の方には、吉盛さんが販売する「コーヒー」と「テ・カフェ」のドリップバッグがスリランカから届きます。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

スリランカはお茶のいイメージが強かったですが幻のセイロンコーヒーというものが存在しているとは!

ぜひ飲みたい!そしてぜひセイロンコーヒーが作られている聖地キャンディをリアルタイムで見てみたい!

金額
2,500円〜
時間
90分
参加可能時間
お問い合わせください

3. Urban island

スリランカで有名なお土産TOP3!

セイロンティー
イギリス領時代、スリランカはセイロンと呼ばれていました。その時に紅茶がスリランカに持ち込まれ、生産が始まりました。セイロンでとれたお茶なのでセイロンティーと呼ばれるようになり、スリランカに国名が変更した今もセイロンティーの名は健在です。

スパイス
スリランカ料理といえばスパイスを使った料理が有名ですね、「トゥナパパ」というクミンやシナモン、カレーリーフなど重数種類のスパイスを各家庭ごとのレシピでミックスして作ったスパイスはてても濃厚な味わいを生み出します。
もちろん、スパイス単品でも高品質です。

アーユルヴェーダ製品
アーユルヴェーダとはインド大陸の伝統医療の一つで5千年の歴史があり、世界三大伝統医学の一つでもあります。
名前の由来はサンスクリット語のアーユス(生命)とヴェーダ(科学)でより健康に、若さを保ち、長生きすることを目的とした予防医学です。
アーユルヴェーダ製品はオイルやコスメなど近年、世界中で注目されています。

Urban islandでは、これらの製品からその他お土産まで揃っており、コロンボに訪れた旅行者の多くが足を運ぶ人気スポットです。


【オンラインショッピング可能】アーバンアイランドでショッピングを楽しもう!


スリランカの伝統工芸品やお土産物が揃う、観光客向けの商品を提供している「Urban Island」。おしゃれな外観が目を引く観光客にも人気のスポットなんです。


こちらでは「greenfield farm ORGANIC LIFE」というブランドのオーガニック紅茶やスパイスなどを多数取り扱っています。
店内は広く、1時間のショッピングもあっという間に過ぎると思います。
ぜひみなさんUrban Islandでショッピングしましょう(必ずしも商品を買う必要はありません。希望の商品があれば後日お見積りをします)。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

最近の趣味がカレー作りの私の一押しはミックススパイス!他の国で作られたスパイスとは少し風味が違う気がするのは私だけでしょうか、、、
このプランではショッピングもできますので(もちろん購入しなくても大丈夫)ぜひ御覧ください!

金額
1300円~
時間
30分~
参加可能時間
お問い合わせください

4. リトル・ローマと呼ばれる町「ニゴンボ」

ニゴンボはスリランカ西武のガンパパにある都市で人口は約13万人とスリランカで5番目に大きな都市です。
海に面したこの町は昔から美しいビーチと漁業が有名で、マングローブ林には多くの生物が生息しています。

そんなニゴンボは「リトル・ローマ」という愛称で呼ばれます。
その理由は、16世紀から17世紀にかけてローマ・カトリック教会がニゴンボに多くの教会や聖マリヤ像、十字架などを町に建てキリスト教が浸透したからだそうです。


キリスト教徒の町ニゴンボの教会&市場巡り

カトリック教会が多いことから”リトル・ローマ”と呼ばれるキリスト教徒の町「ニゴンボ」。

ニゴンボ生まれ、ニゴンボ育ちのスリランカ人で、日本語が堪能なニランさんにニゴンボの町の様子を案内してもらいながら町巡りをします。

リトルローマと呼ばれるキリスト教徒の町
ニゴンボはキリスト教徒が多い町として知られ、カトリック教会が20以上と多く立ち並んでいることから”リトル・ローマ”とも呼ばれます。代表的な存在である聖マリア教会(セイント・マリーズ教会)にご案内します。

◆スリランカ最大の漁港
ニゴンボにはスリランカ最大の漁港があります。漁船からマグロ、イカ、エビ、カニなどが次々にマーケットに並べられていきます。

◆巨大なラグーンとマングローブ
ラグーンで獲れる蟹と海老はスリランカを代表する高級食材。ラグーン入口の橋をから、岸に所狭しと並んでいる漁船をご覧ください。

◆オランダ要塞
ニゴンボのオランダ要塞は現役で刑務所として使われているため、見学できる場所はわずかですが、塔とアーチが残されており、現地の人が写真撮影をするスポットにもなっているフォトジェニックな場所です。

◆フィッシュマーケット
砂浜に魚を広げて、干物を作っている様子が見られます。

◆週末市場
フルーツ、野菜、肉、スパイス、キッチン道具、衣類、雑貨などの売場が果てしなく広がっています。
南国ならではのフルーツや南アジアらしいスパイスは見ているだけで楽しいです。
マーケットでは活気ある生活の様子が垣間見えます。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

町を歩くと至るところに教会があり、他のスリランカとは違った町並みを感じます。
スリランカ最大の漁港から揚がった魚たちは、砂浜に広げられており日本では見ない光景に興奮しました!

5. ゴールフェイス・グリーン

ゴールフェイス・グリーンはコロンボにある幅100m、長さ800mの芝生緑です。設立された当初競馬場やゴルフ場として利用されていたそうで、今では家族連れからカップルまでがのんびりとした時間を過ごす憩いの場になっています。

すぐ隣にはインド洋があり、5つ星ホテルのゴールフェイスホテルやスリランカトップクラスの歴史を誇るセイロンコンチネンタルホテルから眺めるインド洋に沈む夕日は絶景です。

海に開かれた一等地「ゴールフェイス(芝生緑地)」散策プラン

5つ星ホテルの屋上から町並みと海岸線を見渡した後に、スリランカのローカルマーケットでスリランカ原産のフルーツを見て回ります。その後海岸へ移動して、海沿いの線路を歩き、美しいインド洋を見ていただきます。最後に、ずらっと並べられたスリランカカレー(20種近く)からお好きなカレーを5つ選んでいただき、バナナの葉に乗せてもらってランチをします♡

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

ゴールフェイスホテルはほんとにインド洋の目の前!そこの屋上から観る景色は最高です。

夕日に合わせて旅行を申し込むと更にロマンチックなプランになります!

金額
2,000円
時間
60分
参加可能時間
12:00~22:00(日本時間)

おわりに

いかがでしたか?
スリランカには首都のコロンボだけでなく様々なエリアにワクワクする観光スポットがたくさんあります。絶景、歴史的建造物、食に伝統医学まで様々な魅力があり一度の旅行じゃ周りきれませんね。

オンライン旅行なら、気軽に色んなエリアを旅行をすることが可能です^^
最短30分からスリランカ旅行できるので、気になった観光地をいくつか選んで、オンライン旅行してみませんか?



Translate »

今すぐ登録!

すでに登録済みの方はこちら