オンライン団体旅行、グループ旅行におすすめなスポット5選!

団体旅行といえば、琉球ガラス作りや果物狩りなどの体験プログラム、キッザニアやカフェなどで職業体験、ビール工場やワイナリー、酒造などで工場見学、スキー・スノボ、マリンスポーツ、サッカー観戦や野球観戦などのスポーツ観戦、温泉など楽しめるものがたくさんありますよね。

国内の団体ツアーでは琵琶湖や河口湖などでのBBQ、沖縄の美ら海水族館や旭川動物園、高鷲スノーパーク、舞子スノーリゾート、などのスキー場、浅草温泉、有馬温泉、城崎温泉などの温泉が人気です。

海外にもロックハート城でドレス体験、檻の中に入って野生のサメを見るハワイのシャークアドベンチャー、サファリ、トレッキング、世界遺産巡りなど盛り沢山です。

ただ、コロナ禍で、なかなか大人数で集まることができないこともあり、諦めてしまう方も多いのではないでしょうか…

でも、オンライン旅行でも団体やグループで楽しめるツアーがたくさんあるんです! しかも、ZOOMでは最大99個のデバイスに同時に繋ぐことができ、日程調節も簡単、予約も前日までに行えばOK、安全、安心、フリープランやファシリテーター付きプランもあるので世界に一つしかないあなただけのツアーを作ることができます!

今回は団体旅行、グループツアーにオススメのスポットを5つご紹介します!

1. 遊牧民が暮らす草原で地平線を見よう!(モンゴル)

モンゴルは人口約350万人、日本の約4倍の国土があり、多くを草原が占めます。
13世紀始めにチンギス=ハンによってモンゴル帝国が建国され今なおその時の文化が色濃く残っています。

モンゴルの遊牧民が夏場に住むゲルや(冬場はマイナス30度近く気温が下がるので冬場は他の家に住みます)ボーズ、チャナサン・マフやホルホグなどのモンゴル料理、朝青龍や白鳳などを輩出したモンゴル相撲、民族衣装のデールなど独自の文化が多くの旅行者を魅了しています。

モンゴルの遊牧民が暮らす草原で地平線を見よう!

モンゴルの首都ウランバートルから車を1時間ぐらい走らせると、一面の草原の世界が広がります。真っ青な空と一面の緑の草原のコントラストが素晴らしい景色です。そこにゲルがあり、周囲に馬、羊、山羊などがいて、ゆったりとした時間が流れています。

景色を満喫するだけでなく、モンゴル民族の日常生活に密着し、異文化に触れることもできます(ゲルでの生活の様子、モンゴル料理の紹介、伝統音楽の演奏など…)。
壮大な景色とモンゴル民族の生活を、専門ガイドの説明を聞きながら楽しんでください。
※状況により体験できる異文化が異なります。申込時に何を見たいか、聞きたいかリクエストしてください!

【当日の流れ】
(一般的な流れです。見たいものを事前に教えていただければ、そちらを中心に案内します)

モンゴルの田舎の大草原を満喫

ゲルなど生活の様子を案内

モンゴル異文化の体験

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

見渡す限りに広がる緑の草原から見える地平線には言葉を失います!!

ゲルや馬乳酒などのモンゴルの文化を身近に体験できるのも嬉しい!

金額
3,000円
時間
60分
参加可能時間
10:00~19:00(日本時間)

2. ワイナリー巡り&ショッピング(ニュージーランド)

ニュージーランドワインはオーストラリアから19世紀始めにぶどうの苗木が持ち込まれたのが始まり、マルーボロ地区で作られたソーヴィニヨン・ブランがワインコンテストで最優秀賞を受賞したのを期に一気に有名になりました。

ニュージーランドワインはソーヴィニヨン・ブランやシャルドネを使用した白ワインの生産が多いですが、ピノ・ノワールを使用した赤ワインも有名です。

主な産地はオークランド、マールボロ、ワイパラ、ホークスペイ、セントラル・オタゴ。地域ごとに特徴も違い、ぜひ飲み比べてみたいですね。

ニュージーランドワイナリー巡り

クライストチャーチから1時間ほど離れたワイパラ(Waipara)地区のワイナリーを訪問します。

太陽がさんさんと降り注ぎ、なおかつ朝晩の気温差が大きいこの場所でつくられるソービニヨンブランやリースリング、ピノノアールは絶品です。

ワイナリーやセラードアの雰囲気をお届けします。ワインご購入をご希望の方には、購入ページをご案内!
日本にいながらニュージーランドの名産ワインをお楽しみください。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

ワイン好きにはたまらない!産地をその目で見て好きなワインを飲む!!

事前にオンラインショッピングでワインを購入しておいて、そのワインを飲みながらオンライン旅行すると魅力が3倍増しです笑

金額
3,500円
時間
60分
参加可能時間
お問い合わせください

3. 白く美しい街「パロス島」(ギリシャ)

パロス島は白い街としてサントリーニ島やミコノス島と並ぶギリシャで人気の街です。
平らな屋根に漆喰の壁、青塗の窓で作られたキクラデス様式と呼ばれる伝統的な家造りが特徴的で、港のシンボルである風車を入れると映画のワンシーンのような風景が出来上がります。

おしゃれなカフェや、家庭で育てられているオレンジなどの果物も街並みを彩っており、写真好きは100mの距離を歩くのに長い時間がかかってしまうでしょう。

島には多くのビーチがあり、サーフィンやダイビングを楽しみに多くの観光客が訪れます。
ナウサの港町、コリンビスレスビーチ、パロス自然保護公園、マルチェロビーチ、アクアパロスウォーターパーク、フランク城、パナギア・エカトンタピリアーニ教会などパレス島には一日では周りきれないほどの魅力的な観光スポットがたくさんあります。

【貸切りツアー】ギリシャ・パロス島の白い街並みと自然を散策

【ツアー内容】
パロス島のお好きなエリアをライブ中継でご案内します。
美しいエーゲ海、街並み、キクラデス諸島独特の自然をお楽しみください。
また、お好みに合わせて組み合わせ、アレンジも可能です。

【こちらからお選びください】
①パリキアの港街
キクラデス諸島らしい白い街並みを散策、ギリシャで一番古いといわれるエカトンタピリアニ教会にビュースポット
②漁師村ナウサ
有名人も多数訪れるナウサの白い街並みを散策、ビザンティン時代の要塞跡からの絶景ビュー
③自然の美しいコストス村
素朴なキクラデス様式の村歩き、ヤギやヒツジに出会いながら自然を散策

【提供内容】
内容:ギリシャ・パロス島よりライブ中継でご案内します。
時間:約40分
・ギリシャ、パロス島についてスライドでご案内10分
・ライブ中継でのご案内30分

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

最近テレビや広告で引っ張りだこのギリシャの白い街!実際にオンライン旅行でガイドさんに街を歩いてもらうとテレビとは違った街の美しい雰囲気も見ることができます!

金額
8,000円
時間
40分
参加可能時間
お問い合わせください

4. パワースポットの街「セドナ」(アメリカ合衆国)

アメリカ・アリゾナ州にある赤い岩盤に囲まれた砂漠の街「セドナ」。温暖な気候、ハイキング、バードウォッチングスポットとしても人気のセドナですが、世界最大のパワースポットとして最も注目されている街なんです。

セドナには古来より先住民のヒーリングスポットとして重宝されており、その理由がボルテックス(ラテン語で渦巻の意。地球の磁力によるパワーが岩から渦巻き状に出ていると言われている)が集中しているからだとされています。

数あるボルテックスの中で特にパワーの強い4大ボルテックスでは奇妙にねじれた木々など不思議な現象が見れたり、活力をあげる磁気エネルギー、癒やし効果のある磁力エネルギーの2種類のエネルギーを体感することができます。

パワースポットでエナジーチャージ街歩き!

世界のパワースポットとして知られるセドナの街。赤い岩山と常緑樹の緑、どこまでも広がる真っ青な空に囲まれたこの街は、訪れる人々を魅了する大自然の荘厳さとその自然に溶け込むように造られた街並みの美しさがあります。まるで映画のセットの中の様なこの街を一緒に歩いてみませんか?

■ご挨拶
はじめまして。YASUKOです。社会人になってから行った海外旅行がきっかけとなり、勢いで始めた海外生活も早20年。ツアーガイドという天職と思える仕事に出逢い、これまでニュージーランド、ロサンゼルス、セドナ、サンフランシスコにてお客様をご案内をしてきました。今後もリアルでもバーチャルでも一期一会の出会いを大切に、多くの方々と楽しい時間を共有できればと思っています。

■こんな人におすすめ!
✔セドナって行ってみたかった!
✔もう一回あの美しいセドナの街を旅したい!
✔セドナからのパワーを感じたい!
などなど、皆さまWelcomeです!

■概要
まるで西部劇の舞台の様なセドナの観光の中心地、アップタウンを現地在住ガイドと共に歩いて周るツアーです。大通り沿いにずらりと並ぶお店から、大通りの下を流れる清流オーククリークの川辺、ガイドブックには載っていないパワースポット等々、スクショしたくなる景色満載でご案内致します。

■当日の流れ
アップタウン北側のビュースポット(アップタウンの全景を眺める)

オーククリークの川沿い(癒しのパワースポット)

スヌーピーロックのビューポイント(スヌーピーの形をした岩山が真正面に)

西部劇風の街並みを歩く

パワースポット(こんなところに⁇と驚きのパワースポット)

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

パワースポットと聞くと一瞬胡散臭いなと感じてしまう私ですが、セドナのボルテックスは正真正銘、科学的にも証明されたパワースポットでした!

映像もいつもよりライトアップされて見えるのは私だけでしょうか!?

金額
3700円
時間
60分
参加可能時間
24:00~8:00(日本時間)

5. 水の都「ベニス」(イタリア)

ヴェネツィアはイタリアの北東部に位置する都市でアドリア海に浮かぶ湾岸都市です。ラグーナと呼ばれるアドリア海の最も奥まったところにある潟に小さな島々が集まってできたヴェネツィアは「水の都」や「アドリア海の女王」などと呼ばれ、シェイクスピアの「ベニスの商人」や「ベニスに死す」など多くの作品の舞台となっています。

ヴェネツィアの特徴の一つが車が走っていないこと。水上都市は道路が狭く車は路地の多い市街地に入ることができないため、昔はゴンドラや手こぎボートを使って移動していました。現在は水上バスやフェリーを使っており、ゴンドラは観光用として利用されています。

ヴェネチアには多くの橋があり、その一つのアカデミア橋は木製の橋ですが、開通当時は鉄製で作られ、老朽化した際に今度は石造りがいいということでコンクールが開かれましたが実現はせずに現在の木製の橋になったという面白い歴史があります。

ベニスの街並み アカデミア橋からデッサレそして旧税関まで!

世界でもっともユニークな街のひとつベネチアの風景をライブでお楽しみ頂けるツアーです。

ご案内するのはイタリア在住30年を超える大のイタリア好き、鈴木徳郎です。ベニスで現地の旅行会社を経営しながら、趣味が高じてライセンスガイドとして日本人のお客様のご案内もさせて頂いております。

ここではベネチアの中でも住宅街として落ち着いた雰囲気が残るドルソドゥーロ地区をアカデミア橋からサルーテ教会近くまで御案内してみましょう。

先ずはアカデミア橋の上からの綺麗な風景を御覧ください。特に大運河がサンマルコ広場前に向かっていく方向は周りの建物と運河の色合いが見事なコンビネーションを醸し出し、絶景といっても大げさではありません。
サルーテ教会のドームの屋根も綺麗に見えます。ベネチアで一番大きな木造の橋であるアカデミア橋を渡って同名の美術館の前を通り、16世紀からある造船所の対岸に参ります。ここはそもそもは荷物運搬用の小船などを造っていましたが20世紀になってからゴンドラの造船所として活動しています。
更に歩みを進めると大きな運河の前に出ます。ジュデッカ運河、対岸に見えているのはジュデッカ島。レンガ色の大きな建物は19世紀後半に建てられた製粉工場だったところ。今はヒルトンホテルです。白くてやや大きな教会はレデントーレです。ではこの運河沿いの通りを途中でちょっと横道に入りながら、旧税関のあったところまで歩いて行きましょう。

実は少し横道にそれると古いイタリア映画によくあるような道の上に洗濯物が干してある光景が見えるところが今もあります。広めの路地では小さな子供たちがボールを蹴って遊んでいたり。そんな光景に生きた街ベネチアの息吹を感じながら17世紀前半のペストの後に、その終焉をマリア様に感謝するために建造されたゴシック様式のサルーテ教会の装飾を眺め、旧税関まで移動します。ここは今は現代美術館、内装は日本を代表する建築家である安藤忠雄先生が担当しました。
旧税関の先端部分に立つとドゥカーレ宮殿やその対岸のサンジョルジョ・マッジョーレ教会が良く見えます。ここに来ると改めて気付くのが、サンジョルジョ・マッジョーレ教会はサンマルコに対して対象ではなく、むしろ大運河の入り口であるこの旧税関の方を向いているということです。実際にここにたってみるとそれが良くわかります。

Travel At Homeスタッフのおすすめポイント!

水の都「ベニス」。車が全く走っておらず、ゴンドラや水上タクシーが走る街並みは神秘的です!

これはいろいろな映画やアニメで使用されるのも納得です!

金額
3000円~
時間
50分
参加可能時間
お問い合わせください

おわりに

いかがでしたか?
団体旅行やグループ旅行といえば実際にどこかにでかけて体験や観光を行うというイメージがありますが、昨今なかなか大人数で集まることができないこともあり、諦めてしまう方も少なくはないのではないでしょうか。

そんな時はオンライン旅行!健康面も気にせず、みんなで一緒に旅行に行けて、ショッピングでお取り寄せもすれば盛り上がること間違いなしですよ!

この機会にぜひご利用ください\(^o^)/

Translate »

今すぐ登録!

すでに登録済みの方はこちら