ガイドをする際に気を付けるポイント

ガイド中に気を付けるポイントについて紹介します。

せっかく100点満点のガイドをしても、
気を付けるポイントを忘れてしまうと、0点の評価になることも。

基本的なことではありますが、今回はガイドをする際に気を付けるポイントを4つ紹介します。

1.遅刻

当たり前なことではありますが、遅刻は絶対にNGです。

「渋滞に巻き込まれた」「アラームをセットし忘れていた」

このような理由で遅刻をしても、トラベラーは納得してくれません。

ガイドをする日は、

①朝早い時間でガイドの予約が入っているときは、早く寝て、早く起きる。
②渋滞に巻き込まれても間に合うように早い時間に出る

これらを意識して行動してみましょう。

もしどうしても間に合いそうにない場合は、

間に合わないことがわかった時点で、必ずトラベラーへ連絡をしましょう。

2.充電切れ

「長い時間案内をしていたら、切れてしまった」
「充電をするのを忘れていて、いま30%しかない」

携帯のバッテリーが切れてしまったら何もできません。

トラベラーを案内することも、連絡をすることも、一切できなくなります。

バッテリーがちゃんともつか不安な時は、

①モバイルバッテリーを持ち歩きましょう。
②寝る前・家を出発する前に必ず充電をしておきましょう。

ガイド中に携帯の電源が切れてしまったら、トラベラーからお金が支払われない可能性があります。

約束した時間の分のガイドはできるように、バッテリーの準備は必ずしておきましょう。

3.手振れ

あなたの街にはトラベラー見せたい素敵な景色や、もの、
または、トラベラーが観たいと思っている興味深いものがたくさんあると思います。

ただし、手振れ(スマートフォンの揺れ)によって、観たいものもちゃんと見れないうえに、気持ちが悪くなってしまうことも。

何かものを映すときは必ず脇をしめて、腕を固定して動きを止めるように映すことを意識しましょう。

4.会話

トラベラーはあなたと話すことを楽しみにしている人が多くいます。

なので、あなたが一生懸命説明をしてるときに、
トラベラーから「あれはなに?」「これはなんていう食べ物?」など

質問されることもあると思います。

その時は、「あとでこたえますね」ではなく、その場で答えるようにしましょう。

あくまであなたはガイドなので、
自分が見せたいものを見せるのではなく、トラベラーが観たい・知りたいことを

案内することを意識しましょう。

会話をしながら旅行をするほうが、楽しいと思いませんか?

せっかくなら、トラベラーもガイドもみんなが楽しくなる旅行をつくっていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ほかにもいろんなポイントがありますが、
まずはこの4つをしっかり意識してガイドを始めてみてくださいね。

そうすれば、きっとよりいいガイドになれると思います。
トラベラーに楽しんでもらえるように、

ガイドのあなたも楽しみながらオンライン旅行をすごしてくださいね。

Translate »

今すぐ登録!

すでに登録済みの方はこちら