より良いオンラインガイドをするための機材

オンライン旅行は、画面を通して旅行を届けるため、
よりよい映像を撮れれば撮れるほど、トラベラーの満足度は向上します。

今回は、満足度の高い映像を撮る際に、役に立つ機材を紹介します。

自撮り棒

自撮り棒はみなさんもご存じなのではないでしょうか。
自撮り棒を使用することで、より広角を映すことができたり、
手で持つよりも、ブレを軽減させることができます。

現在様々な種類の自撮り棒が販売されているので、
ぜひ下記を参考にしながら自分に合った自撮り棒を選んでくださいね。

① 対応しているOS・サイズは、購入前に必ず確認

自撮り棒には「iphone用」「android用」もしくは「両用」があります。
いざ撮ろうとした時に使えない…という事態にならないよう、
事前に対応をしているOSを確認しましょう。

また、忘れてはいけないのは、「サイズ」です。
機種はもちろんですが、スマホカバーを含めたサイズで確認しましょう。
手帳型やシリコン製のケースを使っている場合は、かなり厚くなっているので、
装着ができないという場合も考えられます。

② 自撮り棒の種類で選ぼう

自撮り棒の種類は主に「有線タイプ」「Bluetoothタイプ」の2種類があります。
有線タイプの場合は、きちんとジャックがささるかの確認をしましょう。
Bluetoothタイプの場合は、充電が必要なことがあるので、注意しましょう。

③ グリップの安定性と長さをチェック

最初に伝えた通り、自撮り棒を使って撮影すると、画角が広く撮れることはメリットではありますが、
長くしすぎると持ちづらくなったり、なんども伸ばしたり戻したりすると、安定しなくなってきます。

また、重く感じて使いづらさを感じやすいです。
常に画角も広く取れるように安定して、重く感じないものを選ぶようにしましょう。

グリップの安定感やシャッターの押しやすさもポイント!

滑らないゴム製やスポンジ製のもの、ボタンの凹凸がしっかりしているものなどいろんなものがあるので、
自分に合うものを選んでみてください。

ジンバル

ジンバルとは、ビデオで発生しがちな手ブレを画期的に補正する機械です。

最近カメラの中にも「空間手ブレ補正」等の機能が備わっていますが、
ジンバルの場合は細かな振動だけではなく、歩いたときの大きなブレをもピタっと補正してくれる画期的な機械。

歩きながらの撮影は、普通手振れがひどく、画面酔いする方もいると思いますが、
まるで吸い込まれるように滑らかな映像を簡単に撮影する事が出来ます。

最近、動画撮影などをされる人が増え、ジンバルを利用する人もどんどん増加しています。
とはいっても、決して安価ではありません。

失敗しないために、いざ購入するときに、必ずみておいたほうがいいポイントをお伝えしていきます。

①ジンバルはコンパクトさで選ぶ

せっかくいろんな機能が付いていても、重かったり、大きかったり、使い勝手の悪いものは
無用の長物になってしまう可能性が大です。

コンパクトで、使い勝手のいいものを選びましょう。

②ジンバルは汎用性が高いかどうかで選ぶ

スマホやカメラは買い替えることが多いと思います。

ジンバルはそうすぐ買い替えるものでもないので、
対応機種が多い汎用性の高いものを選んでおくことがおすすめです。

③空撮ドローン

場所によっては、いろんな許可が必要なものになりますが、ドローンでの撮影もおすすめです。

ドローンには産業用など、いろんな使用用途のものがありますが、
基本的に200g以上のドローンで高性能カメラなどを搭載したタイプが「空撮ドローン」と言われています。

通信距離が長いため、遠くから広大な景色を撮りたいときに最適です。

※ただし、200gを超えるドローンを飛行させる際には航空法が適用されるので、事前に国土交通省の許可や飛行ルールなどを確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自撮り棒なら、比較的安価に手に入るので、一番はじめやすいのではないでしょうか?

ぜひ自分に合った撮影機材で、オンライン旅行ガイドをはじめてみましょう。

Translate »

今すぐ登録!

すでに登録済みの方はこちら